資本集約型産業と労働集約型産業の違い

 |  業務情報

11月までとても忙しくて、ゆっくりする時間がなかったのですが、先日久しぶりに時間が取れたので、午前中は読書を少ししました。読んだのがこちらの本。

 

「『先見力』の授業~AI時代を勝ち抜く頭の使い方」(掛谷英紀著)

 

興味深かったのは、「危ない企業の見抜き方」について、書かれていた点でしょうか。

危ない企業の例として、NOVA、コムスン、アディーレがあげられていました。

 

まず、企業を考える上で大切なのは、資本集約型産業と労働集約型産業のどちらに当てはまるかとのことです。

 

資本集約型産業とは、わかりやすく言えば、投資によって製造原価を下げられる産業のことです。この場合、多額の広告費をかけて大量の製品を販売しないと、投資を回収できなくなります。よって、資本集約産業については、多額の広告費をかけることに、経済的合理性があると言えます。

 

一方、労働集約型産業とは、人間による労働力による業務の割合が大きい産業のことを言います。

 

例えば、英会話学校のNOVAの場合、「講師は外国人、レッスンは少人数」がキャッチフレーズでしたから、生徒の数に比例して人件費は増えることになり、規模が大きくなったからといって、利益率が変化することはありません。広告費だけが重くのしかかっていくことになります。

 

介護サービスであるコムスンについても、典型的な労働集約型産業で、大きな広告費を出していくことに経済的合理性はありません。

 

一番興味深かったのは、アディーレでしょうか。当社も法律(労働法)を生業にしている事務所であるため、とても参考になりました。法律事務所の場合、面会をして相談をする時間が労働のかなりの割合を占めるため、典型的なローテクビジネスといえます。

 

労働集約型産業の場合、規模の拡大を追求すると、かえってサービス(商品)の質が下がるケースがほとんどです。

 

東京で暮らしていた頃、通っていた近所のパン屋さんが、チェーン展開を始めたとたん、味が落ちてしまい、通うのをやめてしまったことも以前にありました。逆に、ミシュランで星を獲得するようなお店のほとんどは、席数が8席ぐらいしかなく、客層や商品などを絞ってビジネスを展開しています。

 

労働集約型産業の会社がいろんな商品に手を出して売上を拡大したとしても、あまり意味がないような気がします。規模の拡大よりも市場シェアの方がずっと大事ですし、自社の商品が市場でどれぐらいの需要があるか、という見定めも大事になります。

 

経営者にとって、先見力を身につけることはとても重要で、「危ない企業の見抜き方」以外にも役立つことがたくさん書かれていましたので、掛谷准教授の著書をおすすめいたします。