骨壺の数

 |  日常

武漢ウイルスの影響により世界中で大パニックとなっています。

 

クライアントと電話等で打ち合わせのときに、武漢ウイルスの影響による対策の他、いつ頃に収束するかといったことが話題となります。

 

中共で公表されている死者数は約4000人ですが、武漢ウイルスで亡くなった死者の骨壺の数と数値がかけ離れているとのこと。

 

武漢の骨壺のニュース

 

経済学者のユーチューブチャンネル「財経冷眼」によると、実際の死者数は9万人以上、感染者数は120万人以上とのことです。

 

日本は緊急事態宣言の期限が5/6までですが、収束は今年の秋頃になるのではないでしょうか。

 

ウイルスの共通の特性として、湿気に弱いということがあげられるので、梅雨時期に雨がたくさん降ってくれれば、そこから勢いが弱まっていくというシナリオも考えられます。

 

いずれにせよ、甘い見通しは持たず、最悪の事態も想定して対策を立てておきたいところです。