厚生年金、パート加入拡大

 |  業務情報

非正規労働者への厚生年金の加入拡大を柱とした年金制度改革関連法が29日の参院本会議で可決、成立しました。加入義務が生じる企業の規模要件を2022年10月に従業員101人以上、24年10月に51人以上に広げるとのことです。

 

経済がリセッションしている中での、加入拡大ですから、企業としての負担も大きいです。

 

分社化する会社も増えるかもしれませんが、いずれ51人以上という人数要件もなくなるのではと思います。

 

今のうちに人員の配置等も見直していきたいものです。

サイコパスの見抜き方

 |  業務情報

以前のブログでサイコパスのことを取り上げましたが、ブログを読まれた方から「もっと詳しく教えて」と要望があったので、見分けるコツについて、少し解説をしてみたいと思います。

 

メンタリストDaiGoさんによると、サイコパスはブラックな団体やカルトに入会すると、とたんに元気になり、生き生きと活動するようになるそうです。

 

まともな人間がブラックな団体やカルトに入会したら、途中で騙されたことに気づいて辞めてしまうか、生気がなくなって衰えてしまうかのどちらかだと思います。

 

サイコパスがブラックな団体で生き生きと活動している姿を想像しただけでも、なんだか不気味ですね。

 

他人の同情心を利用したり、他人に寄生するといった特徴以外にもわかりやすいポイントがたくさんあるので、ぜひ押さえておいていただければと思います。

ひさしぶりの休日

 |  日常

ジャパンメンサから会報の5月号が届きました。

 

武漢ウイルスの影響で、ここ数か月の間、休みがなかなか取れなかったのですが、ようやく落ち着いてきました。

 

雑誌や本でも読みながら、本日はゆっくり英気を養いたいと思います。

ZOOM使用の危険性

 |  業務情報

ZOOMの使用が最近企業で増え始めましたが、ZOOMは中国共産党とつながりが深く、セキュリティに問題があるみたいです。

 

ZOOMの問題点

 

中国に拠点がある企業は、中国共産党がデータ開示を命令した場合、母体が外国企業であってもその命令にしたがう必要があるとのこと。

 

そうなると、Zoom社に保存されている個人情報やWeb会議の情報、そして暗号化キーなどなどすべてが中国共産党に渡る可能性が、常にあるようです。

 

Chinaには、中華人民共和国サイバーセキュリティ法という法律があり、Chinaで活動する企業には、サイバーセキュリティと称してあらゆるデータや個人情報を政府に開示する義務があるとのこと。

 

台湾やドイツ、アメリカ、オーストラリアなどの公共機関ではzoomの使用が禁止されており、一般企業でも、電気自動車メーカー、テスラやグーグル、SpaceXなどで使用禁止の措置が取られているようです。

 

他にもプログラムに多くの脆弱性を抱えているなどの問題点があるようです。

 

Web会議システムの代替サービスには、Google ハングアウトなどを使用していきたいものです。

ジャパンメンサ会員証

 |  日常

ジャパンメンサから会員証が届きました。

 

以前に、標準偏差15のIQテストを受けたら130ぐらいだったので、試しにジャパンメンサの試験も受験してみたら、1回で合格できました。

試験を受けたのは武漢ウイルスの感染者が出る前の年明けです。

 

有名人や士業、ITエキスパート、上場企業の役員など、いろんな方が在籍されているそうなので、これから出会いも多くなるのかなと思います。

 

会員の自覚を持って、これからもがんばります。

1 2 3 18